競売を避けるための対策|業者選びが大切な不動産売却【できるだけ高く売って住み替えを】

業者選びが大切な不動産売却【できるだけ高く売って住み替えを】

競売を避けるための対策

婦人

催告書が届く前に準備する

任意売却とは住宅ローンが支払えなくなって滞納した時、初めて利用できるものです。ローンを滞納すると銀行から督促状がきます。それでも滞納分を払えないと催告書が届きます。催告書がくると銀行などは強制執行して住宅を競売にかける準備に入ります。競売にかけられると裁判所によって広く告知されて、一般に売り出されます。競売の目的は早く住宅を売却して債務を解消することなので、市場相場よりも3割ぐらい安く売り出されます。通常に売り出せば相場価格で売れるのが、安くなってしまうのです。このような状態を回避するのが任意売却です。ローンの支払いができなくなったら催告書がくる前に弁護士事務所に相談することです。近くに弁護士事務所がない時は役所の相談窓口でもアドバイスがもらえます。

ローンの組み替えを打診

住宅ローンを組んでいるサラリーマンの場合、ボーナス払いを併用している人が多いです。年に2回のボーナス月には支払いが多くなるのです。リストラされたり会社の景気が悪くてボーナスが出なくなると、ローンの支払いに行き詰まります。このような時は慌てないで銀行にローンの支払いについて相談することが大事です。これまでに支払いをきちんとしていれば銀行の方も相談に乗ってくれます。例えばボーナス払いをなしにするとか、毎月の支払金額を減らすなどの対策を取ってくれます。任意売却を利用するのは、銀行がローンの組み替えなどに応じてくれない場合です。このような場合は早めに任意売却の手続きを行う必要があり、弁護士に相談すれば銀行との交渉もしてくれます。