支払いが滞ったら|業者選びが大切な不動産売却【できるだけ高く売って住み替えを】

業者選びが大切な不動産売却【できるだけ高く売って住み替えを】

支払いが滞ったら

住宅模型とお金

便利だがデメリットもある

高額の商品を購入したり、サービスを受けるという場合、一回では支払うことが出来ないことがあります。そういう場合に利用するのがローンです。分割払いをすることにより、金銭的な負担を軽減させることが出来ます。ローンにはいくつかの種類がありますが、多くの人が聞いたことがあるのは、住宅ローンです。住宅ローンはその名の通り、住宅を購入するために利用することが出来るローンのことを指します。住宅を購入するという場合には、利用しない人の方が少ないかもしれません。しかし、住宅ローンを支払うことが出来なくなった場合には、住宅を競売にかけるか、任意売却をするかの二択を迫られる場合もあるでしょう。どちらにもメリット・デメリットがありますので、自身の希望に合った方法を選ぶようにしましょう。

住む場所

住宅ローンの滞納、延滞が3ヶ月以上続いたという場合、保証会社に対する代位弁済という手続きが行われることになります。そして求められるのが、借入金の一括返済です。手持ちのお金があれば、一括返済をすることが出来るでしょうが、それならば、住宅ローンの支払いもすることが出来るはずです。つまり、住宅ローンの支払いをすることが出来なくなり、保証会社から残債の一括返済の要求に答える方法は、住宅を売却するしかありません。住宅の所有権を手放さず、住宅に住み続けるためには、競売や任意売却を行う必要があるということを理解しましょう。なお、一度任意売却をした住宅でも、任意売却した住宅を買い戻すことで同じ住宅に住み続けることは出来ます。ただし、買い戻しをするという場合には、売却価格が安くなることや債権者と折り合いを付けることが必要であるため、必ずしも住み続けることが出来るとは限りません。